サマー・ソング

2009年7月11日 (土)

梅雨の合間

Imgp2310

ちっちゃなエブリンが咲いた。

可愛い色はそのままに。

雨の合間を縫って,元気に咲いてくれてありがとう~

Imgp2317

2日間留守にしている間に,

アガパンサスが一斉に開きだした。

暑くなってきたけど,爽やかなブルーは気持ちいい。

Imgp2341

なかなかよい花を付けてくれないアルンウィック・キャッスル。

そういえば,去年は夏に咲いた頃がいちばんきれいだったっけ。

たくさんの蕾に期待したい。

Imgp2350

サマー・ソングは,そろそろ二番花が終わりに近づいてきた。

ふっくらと咲いて,今がいちばんきれいかも。

Imgp2300

退色してきてもなお,ふわっとしていて見とれてしまった。

Imgp2324

今年も登場。

ハグロトンボ(だと思う)

我が家を気に入ってくれたみたいに,居座っている♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

サマー・ソング もいいかも♪

Imgp2275

イングリッシュローズの中において,この薔薇の色って,あまりないような気がする。

サマー・ソングのバートンオレンジ。

去年から育て始めたこの薔薇は,

初め,あまりに他の薔薇と違う色だったから,あまり好きになれなかった。

特徴がありすぎるのは,善し悪し・・・。

ただ,今は,よく咲いてくれるこの薔薇を見ていると,うれしい気持ちになれる。

Imgp2273

バナナ風味が混じるフルーツ香は,とても強い。

一番花の超ディープカップから,二番花のちょっと小振りな可愛いカップへと。

咲いている姿が微笑ましい。

 

春にいろいろな切り花を持っていったところ,

職場の同僚の間では,

このサマー・ソングが一番人気らしい。

人にあげようかとも思っていたけど,だんだん好きになってくる自分がいる。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

サマー・ソング開花☆

Imgp1658 真っ赤な蕾から,次第にジューシーな色へと変化してきたサマー・ソング(ER)

どんどん膨らんで・・・Imgp1654

咲いた咲いたディープカップで~♪

しなやかな枝は,

花の重みで弓のように曲がっている。

Imgp1657 花びらがぎっしり詰まっている。

フルオープンになるとどんなふうになってしまうのだろう???

サマー・ソングの香りは・・・

バナナ風味のフルーツ香♪

Imgp1660 去年初めて出会った二番花は,彩度のはっきりとした独特なオレンジだったが・・・

今年の一番花は,落ち着いた色に見える。

隣に咲いているヴェルシーニとも相性は悪くない。

Imgp1670 サマー・ソング

心弾むリズムを感じる薔薇

フルオープンの姿も早く見てみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

夏の強い日差しの中

梅雨明けした。

Img_2826サマー・ソング(ER)。

二番花は終わったはずだったのに,時間差で咲いた。

3つ同時に,しかも,奇麗に咲いてくれた。

名前のごとく,夏の日差しと青空が似合いそうな薔薇。

Img_2832あまり長く咲かせるとよくないと思い,長めにカットした。

部屋の中がパッと明るくなった♪

Img_2828こちらはピエール・ドゥ・ロンサール。

Img_2829_2暑さの中,あっという間に開いてしまう。

Img_2815でも,返り咲いてくれたビエールを見ていられることは幸せなこと。

こちらは早めにカットせず,しばらく壁面を飾ってもらっている。

この暑さの中,ウィリアム・シェークスピア2000(ER)が小さな蕾を持ち始めた。

このままだと株が大きくならないと思い,秋の花を目標にして,泣く泣く摘心した。

レディ・エマ・ハミルトン(ER)は,とてもたくさんのベーサルシュートを出してくれたが,株もとが混み合ってしまうようになっていたため,細めのシュートを泣く泣くカットした。

夏は控えめにして,秋の花にエネルギーを回そう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

薔薇ひとくぎり

しばらくの間,いろいろな薔薇の開花を楽しんできたけど,そろそろ花の数が少なくなってきた。

Img_2634あまりにも美しい色をしていたザ・シェパーデス(ER)。

いくつも咲いてくれた中で,この一輪は,心から感動する色だった。

写真をとりながら,うっとりした。

しかし,撮影から十数秒後,この薔薇は,目の前で一気に崩れ散った。

最も美しい状態で,最期を迎えるんだなぁ・・・。あの光景は,脳裏にしっかりと焼き付いている。

Img_2629こちらは,最もアプリコットピンクが濃かった一輪。

ザ・シェパーデスは,香りもとてもよく,葉も明るいグリーンで,すごく美しいイングリッシュローズだと思っている。

Img_2587ザ・ジェネラス・ガーデナー(ER)。

今,いちばん元気に咲いている。こちらは,開き始めがとても可愛らしい。

香りもよく,房咲きのようになり,淡い色ながらその存在感は人目を惹きつける。

Img_2650こんな面白い開き方をしていたザ・ジェネラス・ガーデナーを見つけた。

中から白いマシュマロが出てきたように。

Img_2602まん丸に開くのではなく,やや形を崩して開いてくれる。その開き具合が,芸術的だなぁと感じる。

Img_2645サマー・ソング(ER)。

目に飛び込んでくるバートンオレンジから一変。

退色してくると,こんな感じに。

Img_2648最後はこんな風にピーチ色になった。

花びらがやや肉厚で,透明感はあまりないけど,その分,燃えるような感じの色は,インパクトがある。

花は少なくなった。でも,時間差で今,シュートが伸び,花芽が付いた薔薇があと2つ。

また楽しめる時間がきっとやってくる♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

サマー・ソング☆

Img_2615名前の通り,夏の暑さを思わせるようなバートンオレンジのイングリッシュローズ。

Img_2614開花の仕方は,レディ・エマ・ハミルトンと似ている。

けれど,こちらの方は,花びらが肉厚な感じで,鮮烈な色彩。

Img_2616二番花だからこの色合いなのかはわからない・・・。

想像していたよりも,色が強く出ていて,目立ちすぎるかも・・・。

「一つの木にいろんな色が咲いている感じになりますよ。」とお店の人が話していたから,たくさん開いたときが,ポップな感じになり,「ソング」という名前に合ってくるようになるのだろうか?

Img_2631

ティー系とフルーツ系が混ざり合ったような香り。

Img_2611存在感を生かすようにして楽しんでいきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)