アクアリウム

2009年8月24日 (月)

いじめ解消!

Imgp0135r

1週間前に隔離したエイブリーエンゼル(右)を水槽に戻した。

新入りのクロシテンヤッコ(黄色のしま模様)を噛みつくまで追いかけ続け,

クロシテンヤッコは,そのままだと確実に殺される状態だった。

しかし,隔離の効果はしっかりと出てくれて,2匹の関係は改善された。

Imgp0127r

1週間の時を経て新たに投入されたエイブリーは,

始めは,他の5匹から新入り扱いを受け,

ちょっと威嚇され加減。

以前のなわばりは,リセットされているようだ。

でも,6匹中いちばん体の大きいエイブリーは,怯えることない。

水槽中をあちこち散策をしている。

いじめていたクロシテンヤッコに出会っても,

特別な行動には出ずマイペース。

やっと始めのエイブリーに戻ってくれたようだ。

水槽内の力関係を安定させることというのは,なかなか難しいこと。

ただ,投入の順番を考慮することで,魚同士の勢力図が変化する。

Imgp0124r

まる1日経った今日も,6匹の関係は安定し,

小さい水槽内で可愛らしい姿を見せてくれている。

ニモとドリーの世界をやっと作り出すことができた。

Imgp0144r

こんなツーショットを見たかった。

水槽内から会話が聞こえてくるようだ。

Imgp0141r

クロシテンヤッコとニモのケガもほぼ治り,

あとはこのまま,

みんなで仲良くしてくれるとうれしいな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

仲良くしてくれーっ!

スターポリプが増殖しすぎて,小さな珊瑚水槽には新たに珊瑚を飼える環境がなくなってしまった。

そこで,水槽のバージョンアップまでは,魚中心の水槽に切り替えることにした。

Imgp0069r

ニモの環境をまた実現させたくて,

今回,新たに仲間に加えたのは,ドリーでお馴染みのナンヨウハギ。飼育するのは3回目になる。

Imgp0071r

他に,一緒に入れたのは,パープルとイエローのカラーが美しいカリブの海水魚ロイヤルグラマ。

臆病だと聞いていたのだが・・・。

ナンヨウハギのドリーを鬼の形相で威嚇する(苦笑)

追い回すわけではないから,魚同士の関係がうまくいけば落ち着いてくれそうだとは思っている。

Imgp0072

だが,最も困ってしまったのが,

先住者のエイブリーエンゼルだ。

写真のように,しばらく隔離することにした。

新入りのドリーとロイヤルグラマとはまったく問題なかったのだが,

もう1匹の新入りクロシテンヤッコのことを,これでもかというくらい追いかけ回す。

Imgp0075r

かわいそうに,クロシテンヤッコは,

噛みつかれ,

ヒレが痛み,血まで出てきたではないか・・・

びっくりして逃げたニモまでが傷ついてしまった・・・

クロシテンヤッコは怯え,放っておいたら確実に死んでしまう。

見ていられなくて,

エイブリーエンゼルを独房に入れることにした。

Imgp0078

とは言っても,

エイブリーエンゼルだって,もともとこの水槽で愛嬌を振りまき,

私の姿を見ると寄ってきてエサをおねだりする可愛い子。

狭い環境がいけないんだよなあと,エイブリーに対し悪い気持ちもある。

1週間くらい隔離した方がよいとアドバイスをもらったから,

しばらくは一緒にできない。

それでもダメなら・・・

 

みんな仲良くしてくれればいいのに・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

落ち着いたニモ☆

先週☆になったミナミハコフグと一緒に,我が家の珊瑚水槽にやってきたカクレクマノミ。

Img_3572 ようやく本来のカクレクマノミらしい泳ぎをしてくれるようになった。

水槽に入れて5日くらいは,落ち着かないのか,上に行ったり下に行ったりを一日中繰り返していた。

しかも,水槽の隅の方で・・・。

先住者のブルーヘッドダムセルに威嚇されるからなのか,ほとんど真ん中に出てきてくれなかった。

しかし,3日目くらいからエサを食べ始めるようになり,1週間経った今では,私が水槽に近づくと,エサのおねだりをするまでになった。

しかも,ブルーヘッドダムセルが,友達と認めたのか,ほとんど威嚇せず,近くで泳ぐこともできるようになった。

こうなれば安心だ。珊瑚水槽の水質は,とてもよい。病気をせずに長生きしてくれるものと思う。

飼育初期の頃にニモの世界を実現させようと始めた海水魚飼育。今では珊瑚を飼えるまでになったが,もう一度,ニモを飼うことができるようになってとてもうれしい。もう一匹くらい,友達を連れてきてあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

たった2日間の命・・・

Img_3543r 我が家の珊瑚水槽に久しぶりに加わったタンクメイト「ミナミハコフグ」

3cmほどの体長で,入れたときは,ハチドリのような独特の泳ぎ方がとても可愛らしく,家族は「かわいい!」と言って,とても好評だった。

しかし・・・

翌日,仕事から帰宅すると,底に沈み,生きているもののじっとしている。

結局,その次の日,回復せずに亡くなった・・・。

Img_3545r 可哀想なことをしてしまった・・・。

原因ははっきりわからない。

ただ,もともといたブルーヘッドダムセルに威嚇され,ストレスを受けてしまったのかもしれない。

Img_3542 とても愛嬌のある表情と泳ぎ方。

早く馴染んで欲しいと願っていたが,本当に残念・・・。

今日,お墓に埋めてきた。

1年半前に水槽に連れてきたハタタテハゼが1カ月前に亡くなり(おそらく寿命),寂しくなった水槽に癒し系をと考えていたが,また出直しになってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

ちゃんと生きてた

もう死んでしまった・・・あるいは,死にそう・・・と思っていたユビワサンゴヤドカリ。まったく動かなくなってから1週間くらいかかったが,動いた形跡が見つかり,その後,ちゃんと元気な顔を見せてくれた。

脱皮してから甲殻が固まるまで,そのくらいの期間を要すということなのだろうと思った。死骸で水が汚れると早とちりして水槽から出してしまっていたら,もうそれで終わり。待ってよかったと思った。

3匹のうち1匹は,やはり☆になったようだ。まあ,その1匹は,購入時からあまり動かない個体だったから・・・。でも,あとの2匹は大丈夫。その中でも1匹は,ライブロックにどんどん上がって動き回っている。入れたばかりの時は,珊瑚にまで上ってしまい,マズイと思ったこともあったが,学習してくれたのか,今は珊瑚に上るようなことはない。

飼育が難しいとされるユビワサンゴヤドカリをどこまで上手く飼えるか,がんばってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

謎の動き

☆になってしまったと思っていたユビワサンゴヤドカリが,何故か貝殻が移動している。週末,日中ずっと見ていたが,動き回っている様子は見られなかった。しかし,朝,起きてみると,ほんのわずかではあるが場所が変わっている。そして,近くの貝殻がひっくり返っている・・・。

3匹中,1匹は確実に☆になってしまったと思う。←これも断定の自信はないが・・・。1匹は,上に書いたとおりの動きがあるらしい・・・から,生きている???1匹は,1週間ずっと同じ場所にいたが,昨夜貝殻がひっくり返っていた。風呂に入っている間に,ライブロックから転げ落ちたようで場所が変わっていた。今朝も同じ場所。しかし,仕事から帰宅してみると,また1週間いた場所に同じ状態で戻っている・・・。

実に不思議だ。動き回っている姿が見られないのに,何故か動きの形跡が・・・。まるで,ミステリーサークルでも作っているかのようだ。

近くには脱皮の跡があるから,体が固まるまで動かなかったということは考えられる。でも,1週間もまったく動かないものだろうか?貝殻から顔すら見せない。弱っているのだろうなと思っているが・・・。それも断定できない。

調べると,ユビワサンゴヤドカリの長期飼育は難しいと,あちこちのHPに書かれている。我が家のヤドカリは,生きているのかすらはっきりしないような状態だ。こんなことってあるのだろうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

復活!

Img_2016土曜日の大失敗から3日目。どうやら,水槽内はよい循環に入ったようだ。

Img_2017画像は,大失敗から1日経ったユビノウトサカとスターポリプ。スターポリプは,この画像からわかるように,本当に環境変化にも強いことが伺える。ユビノウトサカは,明らかに状態が不完全。ダラーッとした感じに加え,ポリプの色も汚いこげ茶色になってしまっている。特にユビノウトサカは相当なストレスをかけてしまったから,ダメになってしまう可能性もあると考えていた。

Img_2019しかし,3日目の今日,帰宅すると,このように,ポリプの色はもとの綺麗な明るい茶色に戻り,しっかりと伸びてくれている。レイアウトを変えたせいもあり,水槽内での存在感は抜群になった。我が家の珊瑚の中では最も古株で,最も成長して大きくなっている珊瑚だから,水槽の中心付近にレイアウトしたことは大正解だった。

レイアウトの変更によるメタハラの光の当たり具合は,ほぼ思った通りになっている。珊瑚の色を引き立ててくれる照明効果が得られている。

ただ,ベニウミトサカ(水槽左端)は,ちょっと光が当たりすぎ。光が強いとあまり伸びてくれない。もう少し奥に配置する方がよいと思われる。ただ,奥に置くと,またすべての岩組みを崩さねばならず,ちょっとしばらくは我慢かな。明かりが消えてからの時間帯は,わりと伸びてくれているから,給餌だけは欠かさず,何とか耐えてもらおうと思う。

水槽手前のカワラフサトサカの場所も,ちょっと浮いた感じになっているし,水がもう少し落ち着いたら,少しレイアウトを変える必要があると思っている。ただ,今回は,下手をすれば全滅する可能性もゼロではなかったから,一安心。珊瑚たちが元気でいてくれることが,私の元気にもつながるから,いい感じに戻ってくれて本当によかった。まずは復活!

PS どうやらユビワサンゴヤドカリ2匹は☆になってしまったみたい・・・。犠牲が出てしまった。ごめんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

大失敗(>_<)

今,ようやく水換えの後始末を終え,一息つくことができた。昼前から開始し,約10時間・・・。身も心もヘトヘトだ(-_-;)。

今日は,約半年に1度の水槽の大掃除の予定で開始。水流をもう少し強めたかったため,これに合わせてパワーヘッドを購入していた。

Img_1996イメージとしては,ベニウミトサカの置いてある右隅に,もう少し水流が届くようにすること。トルクのある流れができるといいなと考えていた。(画像は作業前。)

大掃除だから,それほど水質を変えないように,できるだけもとの飼育水を残すようにしたはずだった。ところが,ライブロックや珊瑚を一つ一つ取り出してみると,予想以上に藻がへばりついていたり,汚れが溜まっていたりして,それを掃除するだけでかなりの水量を費やしてしまった。また,プロテインスキマーの中や,パイプ,パワーヘッドなどにも,かなり汚れが付着しており,このままにしておくのは嫌だったため,ここも大掃除。もちろん,底部ろ過の部分もフィルターをはぐり,すべての汚れを取り除いた。ここまでで既に5時間くらいを費やすことに・・・。

そして,まだハプニングは続く。ずっと前屈みでの作業が続いたため,痛めていた腰の状態がさらに悪化(>_<)。作業のペースが落ちてしまった。

とりあえず,やれることはすべてやり,珊瑚砂から戻していく。ところが,取り溜めていた飼育水が,全然たりないことに気付く。たりるようにするためには,大幅な水量を換水ことになってしまうから,水質の急変が心配になる。ただでさえ,ライブロックや珊瑚砂の洗浄により,バクテリアの数が少なくなっているというのに・・・。しかも,手持ちのRO水が残り少ないため,海水を作ったとしても珊瑚を入れるだけの水位を確保できない。

腰は痛いし,疲れるし,悩むし,とりあえず頭を空っぽにして,しばらく横になって休むことに。そんな中,両親がたずねてきた。部屋はパニック状態(T_T)。こんな息子の姿を見て,どう思ったかなあ・・・。RO水を汲んできてくれると言ってくれ,お言葉に甘えることにした。

その間,岩組みをしていく。しかし,まったく思うようにできない。光,水流,見栄えなどを,考えても考えても,どうもしっくりといかない。もとと同じレイアウトでもよかったが,何しろ手持ちの水が少なすぎて,高さを出すように配置することができなかった。どうせなら,レイアウトを変えてしまおうと思って,右左を逆にすることに決めた。すべてはベニウミトサカにどう光を当てないようにし,どう水流を送るか,という難題に立ち向かったからだった。

陰日性珊瑚と好日性珊瑚との共存は,小さな水槽環境では極めて難しい。悩みまくり,8時間が経とうとしていた。その間に,ヤドカリ1匹は,☆になってしまったようだ・・・(;_;)ごめんね・・・

両親が持ってきてくれたRO水をヒーターで温め,海水を作り,やっと水槽を水で浸すことができた。(ありがとうーーー涙)

岩組みをあっちに動かしこっちに動かし,その度に珊瑚もあっちへやったりこっちへやったり。相当なストレスを与えてしまった(>_<)水質も大きく変わってしまっただろうし,立ち直れるかどうかとても心配・・・。

結局は,少しでも早く落ち着かせなくちゃと思い,レイアウトはまったく納得いかないまま,今日は作業を取りやめた。後始末を終え,10時間。さすがに疲れたよー(T_T)

最悪な一日を過ごしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ユビワサンゴヤドカリ その後

Img_2006すっかり活動的になったユビワサンゴヤドカリ。夕方が,いちばん動く時間帯のようだ。水槽導入してしばらくは,☆になったのかと思うほど動かなかったから,見ていてうれしくなる。

画像は,「お見合い???」風景。はさみの大きさが,左のヤドカリの方が圧倒的に大きいから,オスとメスかもしれない。

Img_2008困ったのは,画像のように,珊瑚に上ってしまうこと(>_<)。せっかくポリプが開いてきても,ヤドカリにさわられて縮んでしまう・・・。もともとは,水槽内の藻を食べて欲しくて入れたのだが,どうも藻を食べている気配もなし(-_-;)。

動くスピードものんびりのユビワサンゴヤドカリに,仕事を期待するのは無理な話だったみたい。でも,元気にしていてくれるのがうれしい癒し系(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

珊瑚の本

Img_19561週間前に取り寄せた珊瑚の本。この本は,ショップの方のおすすめだ。珊瑚に興味がある人にはたまらない一冊かも。

本の厚さは約12mm。ボリュームたっぷり!!中身は,飼育難度別に数々の珊瑚が紹介されていて,個々の飼育ポイントが掲載されている。ネットで検索すれば調べたい珊瑚の情報は集められるが,この本は,自分の水槽に合いそうな珊瑚を探し出すにはうってつけ。色とりどり&形様々で,眺めているだけでも癒される。

珊瑚飼育の基礎知識も紹介されていて,初心者にはうれしい。

ショップの店員さん曰く。「やっとこういう本が出てくれたか・・・という感じですよ~♪」と。私的には,珊瑚の図鑑という印象。これからの水景イメージづくりにも一役かってくれそうな本だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)